日本語コース紹介


先生のご挨拶

泉 幸子先生

出身地:  横浜
好きな言葉:  @なるようになる
A人生の最も苦しい、いやな、つらい、損な場面を、真っ先に微笑を以って担当せよ。

日常の様々な場面を想定し必要な日本語表現を勉強します。
会話授業を中心に短期間での会話力アップを目指します!
母国の自慢できるところ:  落し物が戻ってくること。
災害時に暴動が起きないこと。
生徒さんへ:  言葉は新しい世界への扉の鍵です。
日本語を学ぶことで、日本語の言葉や文法表現から、日本人の国民性や考え方がわかってきます。
また、コミュニケーションを通して新しい人間関係を築くことができ、今までにない素晴らしい経験ができることでしょう。
言葉の勉強で、間違えたと思ったら、言い直してみればいいだけです。誤用は財産、間違えた分だけ上手になります。日本語の勉強を楽しんでください。


日常会話にちじょうかいわコース

初級しょきゅう

「ひらがなから勉強べんきょうしたい。」「生活せいかつ使つか会話かいわがわからない。こまっている。」「子供こども学校がっこうのおらせがわからない。」という かたにおすすめです。
もの」「カフェ、レストランの注文ちゅうもん」「病気びょうきのとき」「マンションのおらせ」「近所きんじょひと友達ともだちとのスモールトーク」など、必要ひつよう場面ばめんのレッスンをカスタムメイドします。
日本にほんながかたは、テキストを使つかって、文法ぶんぽう勉強べんきょうするほうがいいとおもいます。
テキストは自由じゆうえらぶことができます。

中級ちゅうきゅう

んだりいたりはできるけれど、はなすのが苦手にがて。」「もっと上手じょうずはなしたい」「日本人にほんじんみたいにペラペラに、きれいにはなせるようになりたい。」Can-do、会話中心かいわちゅうしんのテキストを使つかって、よりレベルがたか文法ぶんぽう勉強べんきょうしながら、会話力かいわりょくupを目指めざします。発音はつおん心配しんぱいかたには、発音指導はつおんしどうもします。



ビジネス日本語にほんごコース

中級ちゅうきゅうレベルの文法ぶんぽう敬語けいご、メール、電話でんわ、プレゼンテーションなどビジネスシーン中心ちゅうしん会話かいわコースです。日本人にほんじんみたいにペラペラに、きれいにはなせるようになりたい。」
Can-do、会話中心かいわちゅうしんあいさつ、名刺交換めいしこうかんせき位置いちなどビジネスマナーも一緒いっしょりたいかたにはおすすめです。転職てんしょく希望きぼうするかたには、履歴書りれきしょのチェック、じょうかた面接めんせつ練習れんしゅうもします。


試験勉強しけんべんきょうコース

日本留学試験にほんりゅうがくしけん(EJU)、日本語能力試験にほんごのうりょくしけん(JLPT)、ビジネス日本語能力にほんごのうりょくテスト(BJT)、日本語口述試験にほんごこうじゅつしけん韓国かんこくSJPT)などの試験しけん合格ごうかく、スコアアップを目指めざします。必要ひつよう文法ぶんぽう問題もんだいかた記述試験きじゅつしけんかた聴解ちょうかい練習れんしゅうなど、日程にってい内容ないようにあわせて勉強べんきょうすすめます。


漢字学習かんじがくしゅう論文ろんぶん提出書類ていしゅつしょるいコース

会話かいわはできる。ブログや友達ともだちメールはOKだけど、論文ろんぶんやレポートなどをくのが苦手にがて。」日本語学校にほんごがっこう作文さくぶんは、ひらがなばかりでパスできても、専門学校せんもんがっこう大学だいがく会社かいしゃ書類しょるいでは、そうはいきません。はなしことばときことば、書類しょるい文体ぶんたい、フォーマットやPCでの日本語にほんごタイプを勉強べんきょうしたいかたにおすすめです。漢字かんじ日常生活にちじょうせいかつでよく漢字かんじから、すこしずつ勉強べんきょうしましょう。まずは、めること、スマホやPCでただしい漢字かんじえらべることを目指めざしましょう。


短期集中たんきしゅうちゅうコース

夏休なつやすみや冬休ふゆやすみなどのながやすみに集中しゅうちゅうして日本語にほんご勉強べんきょうしたい。」「日本語にほんご勉強べんきょうだけではなく観光かんこう日本文化にほんぶんか体験たいけんもしたい。」というかたにおすすめです。
レッスンは希望きぼうをきいて、カスタムメイドします。


日本人のための敬語コース(就職活動、アルバイト・新入社員研修)

「(相手に)今ちょっとお時間、ございますか。」
「(レジで)300円ご用意してお待ちください。」
「どなた様も、ご利用できます」…「許容」になっているものもありますが、どう考えてもへんな敬語もたくさんあります。
民放のアナウンサーでさえ間違えます。会社のマニュアルがまちがっているのかもしれません。日本人は聞いて覚えていくので、聞いたものが間違っていれば、正しく使えないのは仕方がないことです。

また携帯電話の普及で、友達の親など目上の方と話す機会も減り、敬語を練習する機会も減りました。

難しいことは抜きにして、尊敬語と謙譲語の形をきちんと頭のなかで整理できていれば大丈夫です。3回程度の授業でわかりやすく説明します。